« ヴィンテージリボンのポーチ | トップページ | ポーチを作りました »

2004年5月24日 (月)

『亡国のイージス』福井晴敏

福井晴敏(著)『亡国のイージス』を約1ヶ月かけて読了。
ドキドキ・ハラハラ、そして最後のページでは、登場人物と一緒に目を潤ませました!

海上自衛隊版「ダイハード」+「踊る大走査線」という感じでなのですが、面白かった~、だけで終わらないのが素晴らしい!!
極上のエンターテイメント作品であると同時に、日本という国について、戦争について、自衛隊について、そして、生きるとは?!などなど、考えさせられることが多い作品でもあります。
この本の読書中から、ニュースを見る目がかわりました。

とにかく、すごいボリュームで、読んでも読んでもゴールは遠い~。
途中、武器・戦闘機についての詳細な記述が随所にあり、この分野には全く興味が持てなかったため、目が文字を追っているだけ…、のこともありました。
しかし、挫折することなく最後まで読み通せたのは、魅力的な登場人物たち、この熱い男たちが行き着く先を見届けたいという思いで、途中で投げ出すことなどできなくなっていたから。
後半は怒涛の展開に引き込まれ、祈り、叫び(心のなかで)、心うたれ、涙しました。

また読み返したい1冊です。

406273494.jpg 4062734931.jpg
亡国のイージス(上) 亡国のイージス (下)

|

« ヴィンテージリボンのポーチ | トップページ | ポーチを作りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/646912

この記事へのトラックバック一覧です: 『亡国のイージス』福井晴敏:

» 亡国のイージス [Return of the まにあな日記]
「亡国のイージス」読了。いやぁ、随分時間がかかった(^^;。1ヶ月近く(もしかしたらもっと?)かかった。 亡国のイージス [続きを読む]

受信: 2004年8月10日 (火) 14:57

« ヴィンテージリボンのポーチ | トップページ | ポーチを作りました »