« 『すべてがFになる』森博嗣 | トップページ | パオカリのメロンパン »

2004年6月10日 (木)

麻と古裂のブックカバー

040610_1.jpg大西淳子さんのお教室で習ったブックカバー。

夏らしい、手織りの麻に朝顔の絽の着物地の組み合わせ。
シャキッとした麻の手触りがさわやかで、夏にぴったりです。
この麻布は目が粗くて歪みやすく、印し付けや裁断に少し苦労しました。

私は、赤い朝顔が沢山見えるようにしましたが、青の朝顔を多くすると、また違った感じになりそうですね。
朝顔の花弁の部分に、ビーズ刺しゅうをしています。

040610_2.jpg裏に、ビーズでイニシャルを刺しゅう。
しおりの先端には、赤のインド製ビーズをつけました。
水玉模様で、すごく可愛いビーズなんです。
穴が大きいので、しおり用の紐がちょうど通りました。

お気に入りのブックカバーで、ますます読書が楽しくなりそうです。

|

« 『すべてがFになる』森博嗣 | トップページ | パオカリのメロンパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/743718

この記事へのトラックバック一覧です: 麻と古裂のブックカバー:

« 『すべてがFになる』森博嗣 | トップページ | パオカリのメロンパン »