« ラーメン甲子園「なんでんかんでん」 | トップページ | 『文房具を買いに』片岡 義男 »

2004年7月27日 (火)

「風の万里 黎明の空」小野不由美

4062551756.jpg4062551780.jpg
小野 不由美(著)
風の万里 黎明の空(上)
風の万里 黎明の空(下)


十二国記シリーズの第4作目。第1作目「月の影 影の海」の続きのストーリーで、主人公は第1作目と同じく陽子です。シリーズ4作目ともなると、十二国の世界観が分かってきているし、おなじみの登場人物に愛着がわいているので、より楽しめました。

慶国の王となった陽子ですが、自分の国のことが分からず、王として何をなすべきなのか悩みます。そんな陽子が、王として歩み出すまでのお話。

陽子、鈴、祥瓊の3人の少女を中心にしてストーリーが展開します。それぞれ異なった境遇にあり、違う苦悩をかかえている少女たち。この3人の少女の成長物語です。今回も、甘いラブロマンスは一切なし。小野不由美さん、この点は徹底してますね。

最初は、とにかく、この3人がめちゃくちゃマイナス思考で、読んでいてげんなり。小野不由美さんは、人間の「負」の部分の心理描写が抜群ですね。登場人物に、マジでむかつき、いらいらし、叱り飛ばしたくなりました(笑)。それだけリアルに描けているということなのだと思います。

自分のことしか見えない人間って、こんなにもカッコ悪いのかと、つくずく感じました。それとは反対に、最後に陽子が毅然と自分の考えを述べる姿のなんとカッコいいこと!!

エンターテイメントの中に、読者へ(特に、主人公の陽子と同年代の中・高校生へ、だと思う)のメッセージが上手に盛り込まれているな、と思いました。

|

« ラーメン甲子園「なんでんかんでん」 | トップページ | 『文房具を買いに』片岡 義男 »

コメント

こんばんは♪
コメントありがとうございました。
十二国記いいですよねぇ。大人でものめり込んでしまいます。この章は、確かに初めイライラしますが、最後陽子が二人に自分が王であることを告白する場面では鳥肌が立ってしまいます。
綾辻行人・小野不由美夫妻の才能には脱帽です(^^;;
ところで、司凍季氏のブログに司氏からManaさん宛のメッセージがありましたがご覧になりました?是非、Manaさんからもコメントしてみてはいかがでしょうか?

投稿: Dr. PP | 2004年9月15日 (水) 21:40

Dr.PPさん、こんにちは♪

知人にすすめられて読み始めた十二国記ですが、最初は、ジュニア小説でしょ~、ってナメてたんですよ。
本当にごめんなさい!でした。
大人も十分に楽しめる内容ですよね。

司凍季さんのブログ、拝見しました!
大変、恐縮しているところです(大汗)。
自分が読んだ作品の著者と出会えるなんて!
Blog、万歳!!(笑)

投稿: Mana | 2004年9月16日 (木) 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/1065846

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の万里 黎明の空」小野不由美:

« ラーメン甲子園「なんでんかんでん」 | トップページ | 『文房具を買いに』片岡 義男 »