« アボカドとトマトの和風サラダ | トップページ | 読書感想 [ 作者別索引 ] »

2004年9月10日 (金)

『レディ・ジョーカー』高村薫

4620105791.jpg4620105805.jpg
レディ・ジョーカー (上)
レディ・ジョーカー (下)
高村 薫 (著)

ビール会社の社長が<レディ・ジョーカー>と名のるグループに誘拐された。さまざまな思いで<レディ・ジョーカー>に加担した男たち。そして、自分の属する組織の中で苦悩する男たち…。グリコ・森永事件を題材にした作品です。

残るページも後わずかになったところからゾクゾクとした寒気を感じ始め、読み終わって本を閉じてもしばらく寒気がおさまりませんでした。と同時に鳥肌がたちました。社会の闇をかいま見た戦慄と素晴らしい小説を読んだ満足感とで、しばし脱力しました。

質・量ともにヘビーな作品でした。
いきなり冒頭から、旧仮名遣い(しかもルビなし!)の手紙が延々と続き、私にはなじみの薄い競馬や株の話が語られ、挫折の気配が濃厚に…。しかし、登場人物の綿密な心理描写の積み重ねを読んでいくうちに、いつのまにか作品世界に引きずり込まれていました。心身ともに余裕のあるときに読まないと、作品のパワーに負けてしまいそうです。

読書後、私は、個人の無力感にかなり打ちのめされました。いくらあがいても、個人の思いは、大きな社会のシステムに飲み込まれていくだけなのでしょうか…。安らかで幸せに生きていけることが、とても難しいことのように感じられました。

|

« アボカドとトマトの和風サラダ | トップページ | 読書感想 [ 作者別索引 ] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/1402323

この記事へのトラックバック一覧です: 『レディ・ジョーカー』高村薫:

« アボカドとトマトの和風サラダ | トップページ | 読書感想 [ 作者別索引 ] »