« 讃岐うどん「はればれ」 | トップページ | 鶏肉とさつまいもの煮物 »

2004年9月15日 (水)

『ぼんくら』宮部みゆき

4062100886.jpgぼんくら
宮部 みゆき (著)

江戸下町の深川にある長屋を舞台にした時代ミステリー。
鉄瓶長屋に住む店子たちに次々と事件が起き、順番に長屋を離れていく。同心・井筒平四郎は事件の裏に陰謀が隠されていることに気がつき、真相を探りはじめる…。

登場人物のキャラクターがものすごくいいです!
頼りなげな同心・平四郎をはじめとして、長屋に住むお徳や佐吉、女郎のおくめ、お嬢様のみすずなど、魅力的な人物が活き活きと描かれています。
とりわけ、弓之助とおでこの少年コンビがいいですね~。2人ともそれぞれ変わった能力を持っていて事件の真相解明の手助けをするのですが、しばしば大人顔負けの推理をする一方、とても子供らしい面もあって、とても可愛い♪さすが宮部さんは少年の描き方が上手い!とあらためて思いました。

ミステリーとしては、謎の解明にあやふやな点があったりで不満が残る面もあります。が、笑いあり涙あり人情ありで、文句無く楽しめました。宮部さんの時代物を読んだのは初めてでしたが、これからはハマってしまいそうです。

|

« 讃岐うどん「はればれ」 | トップページ | 鶏肉とさつまいもの煮物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/1441208

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼんくら』宮部みゆき:

« 讃岐うどん「はればれ」 | トップページ | 鶏肉とさつまいもの煮物 »