« 『紅楼夢の殺人』芦辺拓 | トップページ | 金時豆でクッキング »

2004年11月22日 (月)

『リアル 4』井上雄彦

4088766954.jpgリアル 4
井上 雄彦 (著)

-----[ あらすじ ]-----
車椅子バスケットボールを扱った漫画。
それぞれ困難な現実(リアル)に直面しながらも、前に進もうと苦しむ野宮、戸川、高橋の姿を描く。
-------------------

首を長~~~~くして待っていた『リアル』の4巻が発売されました!
待ったかいあって、4巻も最高によかった!!

4巻の主役は戸川清春です。
足を切断し苦しむ戸川君が車椅子バスケに出会うまで、がメインに描かれています。

もう泣きっぱなし。
ツライ現実と向き合って、それを受け入れる、ってものすごく大変なことだよね…。

それにしても、戸川君のお父さんが、あまりに不甲斐ない。
お父さんの気持ちも少しは分かる気がするけれど、それでも、「しっかりしなさい!」と言いたくなります。
親がこんなじゃ、子供は辛いよ。
一番苦しんでいるのは子供なのに…。
その一方、虎さんがめちゃめちゃカッコいいー!男ならこうあらねば!!

ものすごく重いテーマを扱っているのだけれど、重苦しさは全く感じず、むしろ爽やかですらあります。
バスケのシーンの躍動感といい、人物の表情といい、画力も素晴らしい。
さすが、井上雄彦!という作品です。

ちなみに、5巻は2005年秋、発売予定。
また1年、おあずけなんですね(涙)。

|

« 『紅楼夢の殺人』芦辺拓 | トップページ | 金時豆でクッキング »

コメント

この人もめちゃくちゃうまいんですが,
かなり筆が遅い人でもあります.
絵はもちろん上手なんですけど,
雰囲気というか性格描写が実にいいですね.
この人が宮本武蔵を取上げなかったら,
大河ドラマの武蔵も無かったのではないでしょうか?

投稿: | 2004年11月22日 (月) 14:56

すみません.前回のコメントが名無しになっていました.不振な者ではないので.信じてもらえるか分かりませんが…

投稿: tantanmen | 2004年11月22日 (月) 17:33

tantanmenさん、こんにちは♪
人物の書き分け、ものすごく上手いですよね!
これだけ上質な作品は、そうそう量産できないとは思うし、『バガボンド』も書いてるしで、年に1冊発行のペースでも仕方が無いかなぁ、と思ってはいるのですが、続きが待ち遠しいです。
年に1回のお楽しみですね(笑)。

投稿: Mana | 2004年11月23日 (火) 08:53

ほんとに感動しました。私もバスケをやってるんですけどやっぱり車椅子バスケってすごいですね。上半身だけでシュートを打ってるわけだし。私もいすに座ってためしてみたんですけどゴールしたでも届きませんでした。やっぱり、『すごい』の一言です。
5巻がとても待ち遠しいです。

投稿: enzyo | 2005年4月18日 (月) 20:27

enzyoさん、こんにちは♪
バスケやってるんですね!!!
素敵です♪ 頑張って!
私は、「リアル」を読んで、車椅子で頑張っている人のことを心から尊敬しました。
身体的にも精神的にも、本当にすごいと思います。
5巻が楽しみですね~~♪

投稿: Mana | 2005年4月20日 (水) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/2015601

この記事へのトラックバック一覧です: 『リアル 4』井上雄彦:

» 井上雄彦「リアル」4巻。 [愛と妄想の日々。]
超・超・超話題の年刊漫画(笑)井上雄彦の「リアル」4巻を購入。速攻で読了。 振り返ってみると去年の10月31日に3巻のレビューを書いていた。 3巻ではミニバ... [続きを読む]

受信: 2004年11月28日 (日) 20:39

» リアル [エコー]
不幸な出来事に遭遇したとき、「なぜ俺だけがこんなことになるんだ」とか、「どうにかして避けられなかったのか」とか、「俺は何か間違ったことをしたのか」とか思うことが... [続きを読む]

受信: 2004年12月 2日 (木) 03:03

« 『紅楼夢の殺人』芦辺拓 | トップページ | 金時豆でクッキング »