« ピラティス、初体験! | トップページ | 『リアル 4』井上雄彦 »

2004年11月20日 (土)

『紅楼夢の殺人』芦辺拓

4163213708.jpg紅楼夢の殺人
芦辺 拓 (著)

-----[ あらすじ ]-----
中国の古典文学で、 中国四大奇書のひとつ『紅楼夢』を背景にした本格ミステリ。
栄華を極めている賈(か)一族の大邸宅で繰り広げられる、不可思議な連続殺人事件。
その真相は…?
-------------------

中国古典文学『紅楼夢』と本格ミステリを融合させた、意欲作。
あとがきによると、『紅楼夢』に登場する名キャラクターや名シーンを取り入れつつ、本格ミステリとしての謎やトリックを組み込むのに、とても苦労されたのだとか。
なのに、私は、『紅楼夢』を読んだことが無いばかりか、その存在すら知らなかったので、作者の苦労の成果が全く分かってあげられなくて、申し訳ないです。
しかし、オリジナルの『紅楼夢』を知らなくても楽しめるミステリでした。

登場人物が多く、昔のことなので本妻やら側室やら異母兄弟やら親戚筋やらで人間関係が複雑なうえ、似たような名前の人も多く、出だしは苦戦。
しかし、作品世界に馴染むにつれ、主要な登場人物も把握でき、すんなり読み進めることができました。
幻想的で耽美的な雰囲気と、贅をつくした人工楽園に集う美少年と美少女たち…うっとり~~。

ひとつひとつのトリックには物足りなさを感じる部分もありましたが、事件の本当の真相が語られたときに、いち番の驚きがやって来ました。
なるほど、『紅楼夢』の世界でしか成立しえない真相だ!
オリジナルの『紅楼夢』を生かしつつ、見事な本格ミステリに仕立て上げてた著者の手腕に拍手。
本格ミステリを熟知した著者だからこそ書きえた作品だと思いました。


|

« ピラティス、初体験! | トップページ | 『リアル 4』井上雄彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/1978053

この記事へのトラックバック一覧です: 『紅楼夢の殺人』芦辺拓:

» 紅楼夢の殺人 [北風の木枯らしぴーぷー]
文藝春秋  岸辺 拓・著 HONKAKU mystery masters 本格ミ [続きを読む]

受信: 2005年1月22日 (土) 21:00

« ピラティス、初体験! | トップページ | 『リアル 4』井上雄彦 »