« 『重力ピエロ』伊坂幸太郎 | トップページ | 「目黒五十番」の肉まん »

2004年12月15日 (水)

『リピート』乾くるみ

4163233504リピート
乾 くるみ (著)

-----[ あらすじ ]-----
ある日、大学生の僕(毛利)のもとに、知らない男から地震を予告する電話がかかってきた。そしてその予告は的中し、地震は起きる。男は、現在の記憶を持ったまま過去のある時点に戻る「リピート」が可能なのだと言い、次の「リピート」に参加しないかと誘うのだが…。
-------------------

とても面白かったです!!
冒頭から引き込まれ、途中で中断できずに一気読み。
ミステリあり、サスペンスあり、人間のダークな部分が覗いたりで、もの凄く楽しめました!

前半は、本当に「リピート」なんて事ができるのか?できないとしたら、地震予知にはどんなトリックを使ったのか?という謎に引っ張られます。
そして、後半では、「リピート」に誘われた仲間が次々と死亡していき、これは単に個別の事件なのか、それとも「リピート」を知った誰かによる連続殺人なのか、という疑問がわいてきて、読み始めると止まらない。
乾くるみといえば、前作「イニシエーション・ラブ」の印象が強く残っていたので、「だまされないぞ~」と深読みしすぎたせいか、完全にミスリードに引っかかってしまい、謎の真相には、「なるほど!」という大サプライズ。
お見事でした!!
しかも、本格ミステリではやたら説明的文章が続いて不自然さを感じることがあるのだけれど、この作品ではそれがない。
ストーリー展開の自然な流れのなかで、謎が検討され、解明されていくんですよね。
どこにも不自然さを感じずスルスルと読めるので、本格ミステリが苦手な人にも受け入れられる作品なのではないかと思います。
ただし、読了後の後味は悪いです(笑)。
結末が暗いというのもあるのだけれど、主人公を含め、登場人物のイヤな部分が次第に見えてくるのですよ。
そもそも性格が悪いというのではなく、人間だれもが持っているような自己中心的な部分とか、他人を見下すような気持ちとかが、「リピート」によって露わになってくる。
乾くるみは、人間の負の部分を書かせると上手いですね。

乾くるみの次回作がものすご~~~く楽しみになりました♪

|

« 『重力ピエロ』伊坂幸太郎 | トップページ | 「目黒五十番」の肉まん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/2273292

この記事へのトラックバック一覧です: 『リピート』乾くるみ:

« 『重力ピエロ』伊坂幸太郎 | トップページ | 「目黒五十番」の肉まん »