« 今年のクリスマス・ディナー | トップページ | 謹賀新年! »

2004年12月27日 (月)

『MISSING』本多孝好

MISSING
本多 孝好 (著)

収録作品
 ・眠りの海
 ・祈灯
 ・蝉の証
 ・瑠璃
 ・彼の棲む場所

人の「死」にまつわる物語の短編集。
「このミス」2000年版で10位なった作品ですが、ミステリー色は薄いです。

『眠りの海』は、それぞれ寂しさを抱えた女子高校生と教師が惹かれあい…という話なのですが、う~ん、これは設定が男性の願望炸裂という感じで、ちょっと引きました。
『祈灯』は、この本の中で一番印象に残った作品。死んだ妹を演じている姉。なぜ、そんな事を続けているのかという理由が、痛々しい。
『蝉の証』は、老人のエゴが醜くいけれど、切なくもあり、なんとなくだけれど、分かる気がしました。
『瑠璃』は、奔放な従姉・ルコに憧れる少年の思いと、大人になるにつれ自由奔放さが失われていく自分に戸惑うルコの思いが、印象に残りました。
『彼の棲む場所』は、優等生の心の闇が不気味。

切ない物語が淡々と静かに語られていて、繊細な感性を感じました。ちょっと感傷的すぎるような気もするけれど。
ただ、安易に死を選らんだり、死を美化しているようなところが感じられ、これはどうかと思いました。
個人的な好みで言うと、辛くても前向きに生きて行く、のようにポジティブさを感じるストーリーの方が好きですね。
でも、どれも印象に残る作品でした。

|

« 今年のクリスマス・ディナー | トップページ | 謹賀新年! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/2338964

この記事へのトラックバック一覧です: 『MISSING』本多孝好:

« 今年のクリスマス・ディナー | トップページ | 謹賀新年! »