« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | 今年最後のゆるゆるday »

2004年12月21日 (火)

「ベジダイニング 希」たまプラーザ店

チラシに書いてあった「生ビール&サワー飲み放題 500円!!」に思いっきり引かれて「ベジダイニング 希」へ行ってみました。
野菜をメインとした創作料理のお店だそうです。

混んでいて待つのがイヤだったので、お店がオープンする17時に行ったのですが、予想に反してガラガラでした…。
日曜日だったせいなのか、いつもこうなのかは?です。
7時頃には、そこそこお客さんも増えてきましたが。

店内は個室もあり、落ち着いた雰囲気。
ビールには陶器のカップを使っており、お料理の盛り付けもきれいで、おしゃれな飲み屋さんという感じでした。
から揚げや串焼きもありましたが、野菜と豆腐のお料理がメインなのと、お料理の量が少なめなので、ガッツリ食べたい人には物足りないかもしれませんね。
この日は、家族3人でお料理を10種類もオーダーしたのに、なぜか食べ足りないという不思議な状況でした。
野菜主体なので、お腹にたまらないということもあるのかな。
ヘルシーなお料理が多いので、カロリーが気になる私のような人には嬉しいお店です。

支払いは8000円ほどでした。
私とオットと合わせて10杯飲んでいたので、飲み放題じゃなかったら怖かったかも…。(おしゃれなお店なので、1杯が上品な量なんです!ホントです!!)

041221イマイチな写真しか撮れていないので、下のほうに置いてみました。なんだか、普通の居酒屋メニューのようですよね…。しかも食べかけ料理の写真だし。実際は、きれいに盛り付けられてたし、おしゃれなお料理も食べたんですよ。ですが、食べる(飲む?)ことに専念しちゃって、写真を撮るのをすっかり忘れていました(^^;

|

« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | 今年最後のゆるゆるday »

コメント

このお店、前を通っていたけれど、
全然気づきませんでした。
飲み放題¥500なんですか?!
いつまでやっているのでしょうか、
かなり惹かれます。
オープン記念とかで、もう終わっちゃったかな?

料理の量が少ないところって、物足りないですよねー。
頼んだ料理が思っていたよりも全て小さいお店って、なんか悲しくなります。

投稿: rika | 2004年12月22日 (水) 10:35

写真を写すタイミングは確かに難しいですよね.出されていきなり写し始めるのは作った人に失礼ですし,食べかけを写すとチョッとみっともないし…

投稿: tantanmen | 2004年12月22日 (水) 16:01

rikaさん、こんにちは♪
チラシによると(また行こうと思って取っておいたんです)、OPENフェスタは12/19~12/31、1/6~1/16と書いてあります。
この期間、生ビール&サワーは500円で飲み放題のようですよ。
こんなに長期間、500円で飲み放題をやっいて大丈夫なのかな、などと余計な事を思ったりします。
おしゃれなお店なので、ウチのようにガンガン飲むお客さんは少ないのかも?!
メニューは、男性には物足りないかもしれませんが、女性は好きなんじゃないかな~。
お料理の量は、もしかしたら、これが普通なのかも…とも思ったりします。
あまり、おしゃれな飲み屋さんに行かないので、基準がズレているような予感が(汗)。

投稿: Mana | 2004年12月22日 (水) 17:46

tantanmenさん、こんにちは♪
何よりも食い気が優先しちゃうタイプなので、さんざん食べてから、写真撮っておけばよかった~、と後悔することが多いです(^^;

投稿: Mana | 2004年12月22日 (水) 17:51

そんなに長い間¥500なんですか?!
絶対行きます~っ!
毎日行ってしまいそう(笑)・・・。

とってもお得な情報ありがとうございました♪

投稿: rika | 2004年12月24日 (金) 14:42

rikaさん、こんにちは♪
そうなんです、来年まで続くみたいですよー!
多分、ウチも期間中に何度が行ってしまいそうな予感です。
生ビール、万歳!!

投稿: Mana | 2004年12月26日 (日) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/2330230

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベジダイニング 希」たまプラーザ店:

» ベジダイニング 希 [[ 食わせん坊日記 ]]
[続きを読む]

受信: 2004年12月28日 (火) 13:48

« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | 今年最後のゆるゆるday »