« BAGLE&BAGELの「黒胡麻はちみつベーグル」 | トップページ | 『愚か者死すべし』原りょう »

2005年1月 7日 (金)

『ダーリンは外国人(2)』小栗左多里

4840110328ダーリンは外国人(2)
小栗 左多里 (著)

-----[ あらすじ ]-----
国際結婚夫婦の「へ~」や「ええっ」な出来事を書いたエッセイ漫画。
-------------------

前作『ダーリンは外国人』が面白かったので読んでみました。
前作と比べると、ややパワーダウンしている気がしますが、笑ったり感心したり共感したりしながら楽しく読みました。
(2)では、さおりさんのお母さんやお姉さん家族も登場し、にぎやかです。

国際結婚に限らず、結婚生活を楽しく送り、相方と上手くやっていくコツのようなものも詰まっています。
価値観の違う者同士が一緒に暮らすって、いろいろ大変。
でも、その違いを面白がっちゃおう!と、前向きに捉えているいるところに好感が持てます。
自分の価値観を押し付けず、相手の意見にも耳を貸し…って、簡単なことじゃないですよね?!
でも、それを努力していて、エライなーと思いました。
「家事は大変」の章では、さおりさんの辛抱強さに感動すら覚えましたもの。
私だったら、間違いなく、小言を言ってケンカになっているでしょう(笑)。

さおりさん&トニーさんがどのような夫婦に成長していくのか、楽しみです。
第3弾も出るのかな~?

|

« BAGLE&BAGELの「黒胡麻はちみつベーグル」 | トップページ | 『愚か者死すべし』原りょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/2499490

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダーリンは外国人(2)』小栗左多里:

« BAGLE&BAGELの「黒胡麻はちみつベーグル」 | トップページ | 『愚か者死すべし』原りょう »