« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月28日 (月)

『BG、あるいは死せるカイニス』石持浅海

448801707BG、あるいは死せるカイニス
石持 浅海 (著)
東京創元社・2004/11

-----[ あらすじ ]-----
天文部の天体観測が行われた夜、姉が学校で殺害された。しかも、姉の着衣にはレイプの痕跡が残されれいた。レイプは女性が集団で男性を襲うものなのに…。姉はなぜ殺害されたのか?そして、姉の残した謎の言葉「BG」とは何か?
-------------------

なかなか、面白かったです。
ユニークな状況設定が得意な石持浅海ですが、この作品の舞台設定も面白い!
しかも、その設定を十分に活かした謎解きになっていているあたりは、さすがです。
特に、レイプ未遂の理由が、この世界観でしかありえないロジックになっており、おおっ!と思いました。
ただし、ところどころ苦しい部分も…。

論理的ロジックが冴えていた今までの作品と比較すると物足りないところもあるのですが、謎が謎をよぶ展開に学園もののよさも加わって、リーダビリティは高くなっているのではないかと思います。

作品の舞台は、人間は生まれたときは全員女性で、大人になってから一部の優秀な人のみが自然と男性に転換する、という世界です。
男性作家が考えた設定なので、女性の私が読むと感覚的に受け入れがたいというか、あまりに悪趣味で辟易するところがけっこうありました。
例えば、もし親友が男になったとしても、異性としては見れないような気がします。
ましてや、抱かれたいなんて…かなり無理ですからっ!!
男性読者は気にならないかもしれないけれど、女性は引っかかる人もいるんじゃないかなぁ…。
それと、設定とは分かっていても、「優秀な人が男性になる」と何度も言われると、女の私は正直ムカついてきますね(笑)。
一応、「生物として優秀」なのであって「人間として優秀」とは違うとフォローはされてますけど、これってフォローになってるんでしょうか?!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年2月22日 (火)

『海の仙人』絲山秋子

4104669016海の仙人
絲山 秋子 (著)
新潮社・2004/08

-----[ あらすじ ]-----
銀座でデパートの店員をしていた河野勝男は、宝くじで三億円を当て、会社を辞めて海辺の古い家で仙人のような暮らしをしていた。その河野のもとへファンタジーがやって来て…。
-------------------

人が生きている限り背負い続けるであろう「孤独」について考えさせられる作品でした。

悠々自適に暮らす河野とユーモラスな神様ファンタジー、そして河野の知人たちによる穏やかな出来事を描いた作品と思って読んでいたら、全然違ってた。
後半に向けてどんどんシリアスな展開になって行き、ほんとうに胸が痛かったです。
最後にひとすじの明かりが見えたような気がしたのが、救いでした。

相手に思いが通じないと分かっていても、それでも思い続ける関係。
愛し合っていても、決して相手の領域を侵さない関係。
それぞれが保つ一定の距離感が、今どきな感じなのかな。

いつか片桐の友達が「なにかすることは前に進むことなのか?」と言っていたこととを思い出した。ファンタジーはその時「自らが自らを救うのだ」と言っていた。
(p.135)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年2月16日 (水)

『みんな元気。』舞城王太郎

4104580023みんな元気。
舞城 王太郎 (著)
新潮社・2004/10

収録作品
 『みんな元気。』
 『Dead for Good』
 『我が家のトトロ』
 『矢を止める五羽の梔子鳥』
 『スクールアタック・シンドローム』

全体を通して、「愛」、特に「家族愛」が根底に流れていました。
とりわけ、父親の子供に対する愛情が胸を打ちました。
やっぱ、愛だよね~!愛!!
人生いろいろあるけどさぁ、愛があれば大丈夫なんだよー!
と、こんなことを真剣に語ってしまう舞城王太郎作品が、私は好きです。

でもね、面白くない、ということは全く無いのですが、初期作品ですっかり魅了されてしまったような、スピード感やドライブ感やパワーが感じられず、物足りなさが残ります。
今のような作風もキライではありませんが、初期のように勢いのある作品もまた読みたいものです。

収録5作品の中で一番読みにくかったのが、表題作の『みんな元気。』。
家族は入れかえ可能か?などというもの凄いテーマを持ち出してきたので、おおっ!と思っていたら、いつの間にか男女の恋愛の話になっていて…。
ところどころビビッと共鳴する部分はあったものの、展開はいつにも増してはちゃめちゃだし、テーマが拡散してしまっている感じがしました。

一番印象に残ったのは『スクールアタック・シンドローム』。
この作品は、ふかふかソファーの上に引きこもってるアル中気味の父親と高校生の息子の話。
多感な年頃の子供と向き合うには、親もココロして対峙しないといけないのね、などと思いながら読みました。


  崇史は《父親コスプレ》をするなと言う。《親父イメクラ》はいらないと言う。《親父モード》に入るなと言う。
  これはつまり、口ばっかりで物を言うなをいうことだ。
  役割で物を言うなってことだ。
  本気で思っていることを言えってことだ。
  そうだ、言っていることを本気で思えってことだ。
  (P.279)

はい、私も《母親コスプレ》して、母親という役割で物を言っていること、多いと思います…。反省。
そんな言葉では、子供の心には響かない、ってことですね。
親子だけじゃなく、恋人とか、友達とかの間でも、役割で物を言ってちゃ相手には伝わらないよと。
そういうことなんだよなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年2月15日 (火)

今年のバレンタインは…

0214_1息子がチョコをいただいてきました。
手作りです!!
彼の人生で初の手作りチョコだよー!!!
「チョコレートを作ったので食べてください」
と書いてあるカードも入っていました。
いやもう、可愛いいったら♪

でも、これはクラスの男子全員に配ったようで、本人の反応はいたってクールだったのですが、私ひとりで盛り上がってしまいました(笑)。

0214_2バレンタインの晩ご飯は、ハート型ニンジン入りビーフカレー。
TVで見たカレーのCMのマネっこです。
作って気づいたことは…
ニンジンをほかの具と一緒に煮込んでしまうと、せっかくのハートが目立たなくなってしまう、ということ。
ハート型ニンジンは、飾り用を別にゆでておき、盛り付けのときにカレーの上にトッピングした方が、見た目を可愛く出来たと思います。
来年は、この方法でやってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 9日 (水)

『半身』サラ・ウォーターズ

4488254020半身
サラ・ウォーターズ (著)
中村 有希 (翻訳)
東京創元社・2003/05

-----[ あらすじ ]-----
19世紀のロンドン。ミルバンク刑務所を慰問に訪れた貴婦人マーガレットは、そこで、不思議な雰囲気を持つ美しい女囚シライナに出会う。マーガレットは次第にシライナに引かれていき…。
-------------------

サラ・ウォーターズの作品は、「このミステリーがすごい」海外編で、「半身」が2004年版第1位、そして、次作の「荊の城」が2005年版でも第1位となったので興味を持ち、まずは「半身」を読んでみました。

舞台は、ヴィクトリア時代のイギリス。
主人公は、社会に馴染めず、家でも居心地の悪さを感じている独身の令嬢マーガレット。
このマーガレットの現在(1874年~)の日記と、女囚シライナの2年前(1872年~)の日記が交互に語られていきます。

マーガレットのじくじくとするような心の痛み。
陰惨な監獄の様子。
妖しげな心霊術。
そして、次第にシライナへの思いを募らせていくマーガレット。

とりたてて大きな事件は起きません。
この物語がどこへ向かってくのか全く分からないまま、ほの暗くじっとりとした独特の雰囲気の中を読み進むことになります。
昔の少女漫画を彷彿とさせるような作品世界。
この雰囲気に絡められると、ラストまで一気読み。
そうでなければ、全くページが進まないのではないかと思いました。
かなり読者を選ぶ作品という印象を持ったので、この作品が「このミス」1位というのは驚きです。

私は、ゴシックホラー・テイストは苦手としている方なのですが、この作品は肌に合ったようで、すんなりと読めました。
ラストにはミステリ的なサプライズも用意されていますが、私は心理サスペンスとして読めました。
主人公に共感を覚える部分はほとんど無かったのですが、30歳間近まで独身でいると「老嬢」(!)と世間から呼ばれてしまう社会で生きなければならない女性の息苦しさ、孤独感、焦燥感がひしひしと伝わってきます。
女性特有の心情が巧く描かれているので、そういう点では、女性向きの作品かもしれません。
読後感は、うすら寒い感じでしたが、こういうのは嫌いじゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月 8日 (火)

尾道らーめん「柿岡や」ラーメン甲子園店

週末は、洋服を買いたいというオットにつき合って、車でうろうろ。
オットひとりで買いに行かせると、げげっ!というような洋服を買ってくることが多いので、見張りとして同行です。
結局、モザイクモールで購入し、ズボンのすそ上げをしてもらっている間に、ラーメン甲子園へ行ってラーメンを食べてきました。
この日はたまたま空いていたのかもしれませんが、すそ上げを1時間ほどでやってくれるのは、ありがたいです。

0208今回は、尾道らーめん「柿岡や」で味付けたまご入りらーめん(750円税込)をいただきました。
具は、たまご以外は、でっかいチャーシュー、メンマ、万能ねぎ。
スープは、豚や鶏ガラをベースに魚系の出汁が効いた醤油味で、コクがありつつもさっぱり和風テイスト。
このてのスープには、私はコショウを沢山かけて食べるのが好きですね~。
チャーシューにも脂身が少ないので、ほんとうにさっぱりと食べられました。

[場所]
ラーメン甲子園
 横浜市都筑区中川中央1-1-3
 045-913-7123(代)
 横浜市営地下鉄・センター北駅「ショッピングタウンあいたい」3F
 駐車場あり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金)

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎

4396207557陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎 (著)
祥伝社・2003/02

-----[ あらすじ ]-----
嘘を見抜けたり、正確な体内時計をもっていたりと、ちょっと変わった才能を持っている男女4人組みが見事に銀行強盗を成功させたのだが、逃走中に、手に入れたお金を別の強盗団に奪われてしまう。お金を取り返そうと強盗団を探るうちに事件に巻き込まれ…。
-------------------

よく出来たクライム・コメディ映画を見ているようで、とても楽しんで読みました。
とにかく、登場人物同士の会話が楽しくて楽しくて。
ユーモアもうんちくも、スパイスがほどよく効いていて、とにかく楽しい。
脇役も含め、登場人物のキャラクターも魅力的。

伊坂幸太郎の得意技、伏線の張りかたも素晴らしい。
散りばめられた伏線が、終盤でどんどん収束していくさまは、もはや快感です。
「ハハハ、変なことを考えるなぁ」と笑っていたことが、結局ちゃんと役に立っていたりするのにも、思わずニンマリ。

この洒落た軽妙なストーリーの中に、中学生の陰湿で残忍ないじめのことや障害を持つ子供のことのような重い話を、さらりと、ユーモアを交えて、しかし、言いたいことはちゃんと伝わってくるのは作者の力量なのでしょうね。

強いだとか、弱いだとかは、何によって決まるんだ? 草原での噛みつきあい、空中戦、それとも学歴、遺伝子の配列か? 弱肉強食とほざいているおまえの友達は自分より強い奴に殺されることを良しとしているのか? (P122)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年2月 3日 (木)

『からだのためになるごはん』金子ひろみ

正月休み明けから、肉体改造(?)に取り組んでいます。
目標は、食べても太らない体、です!!
体脂肪を減らしつつ、筋肉量アップして基礎代謝量を増やす作戦です。
そのために、ジムで筋トレしたり走ったり、ピラティスしたりエアロビクスしたり、してます。
今日もいい感じの筋肉痛です(^^)v

効果的に成果をあげるためには、食事にも気をつけなければいけないということなので、低脂肪高たんぱく質、を意識して食事のメニューを考えています。
そこで、最近、よく見ているのがこの本です。

4579208978からだのためになるごはん
金子 ひろみ (著)

著者の金子ひろみさんは、フード・トレーナーとしてトップアスリートたちの食事サポートをなさっているかたです。
オリンピックのとき、女子マラソンの有森選手や高橋選手の食事サポートも行ったのだとか。
本書には、その経験を活かした、家庭でも気軽に作れて栄養効果の高いレシピが掲載されています。
中でも特に参考にしているのは、食材の組み合わせについてです。
栄養学的に、より効果的に栄養が取れる組み合わせというものがあるんですね。

0203この本を参考にして「ひじきの炒め煮」を作ってみました。
ひじき、にんじん、いんげん、そして、ひき肉が入っています(普通は、油あげですよね)。
ひじきの鉄分は、動物性たんぱく質をプラスすることで吸収アップになるのだそうです。
また、ひじきに含まれるカルシウムの吸収を高めるには、ビタミンCと一緒に食べるといいそうなので、デザートをグレープフルーツにしてみました。
食べ合わせって、面白いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »