« 『扉は閉ざされたまま』石持浅海 | トップページ | 『リアル 5巻』 井上雄彦 »

2005年12月 1日 (木)

『インディゴの夜』加藤実秋

4488017126

インディゴの夜
加藤 実秋 (著)
東京創元社 (2005/03/01)

収録作品
 ・インディゴの夜
 ・原色の娘
 ・センター街NPボーイズ
 ・夜を駆る者

-----[ あらすじ ]-----
渋谷の片隅にある<club indigo>は、クラブみたいなハコでDJやダンサーみたいな男の子が接客してくれる、ちょっと変わったホストクラブだ。クラブのオーナーであり本業はライターの高原晶と個性的なホストたちが、持ち込まれた事件を解決していく。
-------------------

4編からなる中編集。
表題作の『インディゴの夜』は、第10回創元推理短編賞の受賞作。

東京創元社のミステリ・フロンティアから出ている本ですが、表題作『インディゴの夜』以外は、ミステリ色は薄め。裏表紙によると、"スタイリッシュでウイットにあふれた新世代探偵小説"だそうで、ミステリというよりは正にこちらの方がしっくりくる。ホストクラブのオーナー・高原晶(女性)をボスにしたホスト探偵団といった感じか。

晶と個性的なホストたちが渋谷や新宿を駆け巡るストーリーは、軽快で楽しい。読了感もスキッと爽やか。ホストクラブが舞台になっているだけあって、私には全く縁のない夜の世界を覗けたのも「へぇ~」の連続で、これも楽しかった。

同じ設定での続編が出そうな感じですね。
ってか、是非、お願いします!!!

|

« 『扉は閉ざされたまま』石持浅海 | トップページ | 『リアル 5巻』 井上雄彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/7412874

この記事へのトラックバック一覧です: 『インディゴの夜』加藤実秋:

« 『扉は閉ざされたまま』石持浅海 | トップページ | 『リアル 5巻』 井上雄彦 »