« 『密室の鍵貸します』東川篤哉 | トップページ | ブルーベリーのマフィンミックス »

2006年1月23日 (月)

『推理小説』秦建日子

4309016863
推理小説
秦 建日子 (著)
河出書房新社 (2004/12/04)

-----[ あらすじ ]-----
新宿区の公園で42歳の会社員と17歳の女子高校生が殺害された。現場には"アンフェアなのは、誰か"と書かれた本の栞が残されていた。文学賞の受賞パーティでの毒殺事件でも同じ栞が見つかる。この事件の捜査にあたる刑事・雪平夏見は検挙率No.1なうえ凄い美人なのだが、ゴミに埋もれた部屋に住み全裸で眠るなど、どこが性格が破綻している部分がある。そんな中、事件の詳細が書かれた『推理小説・上巻』という原稿が届き…。
-------------------

脚本家である著者の小説デビュー作。
この作品は、現在「アンフェア」というタイトルでドラマ化され放映中。
ドラマの方はまだ見てないが、Webサイトを覗いたところ、原作とまるっきり同じではないみたい。登場人物にも違いがあるようだ。

さて、小説のほうですが、テンポがよくスピーディーな展開で、スイスイ読めた。
さすが脚本家だけあって、会話部分が上手くて引き込まれる。
登場人物の設定はユニークですごく魅力的だし、提示される謎も面白い。
しかし、全体的に薄味で、せっかくのアイディアを十分に生かしきっていない感じがした。
うーん、非常にもったいない。

いろいろな部分で、何か新しい試み、みたいなことをやりたかったんだろうなぁ、と感じる部分があったが、どれも効果を発揮してないのではないか。
結局最後まで何をやりたかったのか、よく分からなかったな…。
既存のミステリを変えたいという気持ちであるならば、それは買いたいのだけれど。

|

« 『密室の鍵貸します』東川篤哉 | トップページ | ブルーベリーのマフィンミックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29403/8237528

この記事へのトラックバック一覧です: 『推理小説』秦建日子:

» アンフェアの犯人 [小部屋から]
自己満族:アンフェア 第2話 - livedoor Blog(ブログ) 小早川信木は見ているのがつらいのですが アンフェア はいいですね! さしょうたえこっぽい!(違うか(;^_^A) 犯人は?ですよねー 主人のあたりっこない予想では、木島城一郎・・・(^^;) 私は家....... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 12:08

« 『密室の鍵貸します』東川篤哉 | トップページ | ブルーベリーのマフィンミックス »