« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

『容疑者Xの献身』東野圭吾

4163238603容疑者Xの献身
東野 圭吾 (著)
文藝春秋 (2005/08/25)

-----[ あらすじ ]-----
花岡靖子は弁当屋で働きながら中学生の娘・美里と暮らしていた。ところが突然、靖子の前に離婚した夫・富樫が現れる。復縁を迫り金をせびるため、靖子の居場所を探し出したのだ。花岡親子が住むアパートにまで押しかてきて暴力をふるう富樫を、靖子と美里は殺害してしまう。隣室に住む高校の数学教師・石神哲哉はその洞察力で殺人に気が付くも、事件の隠蔽工作に協力することを申し出る。石神はその大学生時代に数学の天才といわれるほどの逸材であったものの、現在は高校教師に甘んじていた。そんな石神の前に大学で同級生だった湯川が現れ…。
-------------------

第134回直木賞受賞
2006年度版 このミステリーがすごい! 第1位
本格ミステリ・ベストテン 第1位
週刊文春傑作ミステリーベストテン 第1位

「探偵ガリレオ」シリーズの第3作目にして初の長編。

本を開いたが最後、ページをめくる手を止めることができず、一気読み。

純愛がクローズアップされている作品だけど、私は男の友情に胸を打たれた。
天才数学者といわれた石神、そして天才物理学者の湯川。互いにその才能を認め合う仲であり、石神にとっては対等に数学の話ができる唯一の友人でもあった。その湯川が石神の仕組んだトリックに迫ることになる。せっかく再会をはたしたのに…なんだか切ない。
そして、いつもは湯川と名コンビぶりを披露している草薙刑事だが、今回はお互いの立場から微妙に距離をおくことになる。二人の友情にヒビが入りはしないかとはらはらしつつも、相手の気持ちを汲み取って距離感を保てる関係は素敵に思えた。

伏線がかなりはっきりと書かれているので、話の途中でトリックが分かってしまうこともあるでしょうね。でも、もしトリックに気が付いてしまったとしても興味をそがれることはないと思う。石神が考えたトリックがどんなものか知りたいのはもちろんだけれど、それ以前に、この物語がどこに着地するのか見届けずにはいられない。

石神の愛のありかたに共感できた訳ではないけれど、彼が愛する人を守るためにこのような方法を取ったことは十分に理解できたし、湯川が最後にとった行動も納得のいくものだった。でも、これを純愛だと言われるとちょっと違う気はするけれどねー。結局、あくまで一方的な思いであって、相手の気持ちまで考えが及ばなかったんだろうなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月23日 (木)

菜の花

nanohana今週届いたらでぃっしゅぼーやの野菜の中に菜の花が入っていました。
もう春もそこまで来ているんですね~。
今日は暖かかったので、余計にそう感じたのかもしれませんけど。
野菜で季節を感じるっていいな、と改めて思いました。

息子が通っている学校では卒業式の練習が始まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

『密室に向かって撃て!』東川篤哉

4334074901密室に向かって撃て!
東川 篤哉 (著)
光文社 (2002/10)

-----[ あらすじ ]-----
探偵の鵜飼は、十条寺食品社長・十条寺十三に孫娘さくらの婿養子候補3名の身辺調査を依頼される。報告書を渡すために弟子の戸村流平と共に十条寺家を訪れると、そこには花婿候補の3人も居合わせた。十三のもてなしに酔いつぶれていると、銃声がして…。
-------------------

架空の街・烏賊川市(いかがわし)を舞台に、探偵の鵜飼とその弟子・戸村流平、そして警察の砂川警部と志木刑事が事件の謎を解くシリーズの2作目。

登場人物のほぼ全員が天然ボケ。
まるでドタバタコメディを見ているようだ。
笑えるところもあるが、すべってる部分もけっこうあり、連発されるとゲンナリしてしまうことも。ちょっとやりすぎじゃない?
でもこのノリは好きなので、より一層ユーモアのセンスが磨かれることを期待。

ミステリとしては、いたってオーソドックスな印象。何人もが見ている中で殺人事件が発生するが犯人は消えてしまった…、というのがメインの謎。ありがちな状況ではあるのだが、拳銃の弾の数の不一致とからめ、なかなか楽しめた。

謎解きは、ロジカルだし伏線もきっちりはられている。お笑い満載の内容に反しとても正統派で、好感がもてた。しかし、真相に意外性や驚きはなく、やや物足りなかった。好みからいうと、もうちょっとひねりがあったほうがよかったかな。

笑いのツボがハマると、もの凄く楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

ほうれん草のごまあえ

gomaaeごまあえ、好きです。
ほうれん草があれば、半分は必ずごまあえになるほどです。

ごまといえば、ビタミンE!
ビタミンEといえば、老化防止効果!!

ビタミン入りの化粧品を塗るよりも食べて内から取り入れる方がいいんじゃないかな、と思っているので、美味しく食べてアンチエイジングです。

ごまあえは、自分好みの分量を決めてしまえば超簡単料理。
何でもそれであえてしまえばOKなのですから。

すりごま2 : 練りごま1 : 砂糖1弱 : しょうゆ1強

がうちの分量。

ほうれん草2分の1束では、すりごま大さじ2:練りごま大さじ1:砂糖大さじ1弱:しょうゆ大さじ1強、という具合です。

おかずにも、酒のさかなにも、そして美肌にも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

『太陽と戦慄』鳥飼否宇

4488017088太陽と戦慄
鳥飼 否宇 (著)
東京創元社 (2004/10/10)

-----[ あらすじ ]-----
リトルこと越智啓示はスラッグハウスで仲間と共同生活を送りながらロックバンドの練習をしていた。仲間はみな導師(グル)に拾われたストリートキッズだ。導師は"人間は究極のゴミである"という危険思想の持ち主であり、その思想に影響を受けていた。初ライブの会場で事件が発生し、仲間はばらばらになってしまう。それから10年後、市内で次々にテロ事件が発生。その現場にはかつての仲間らしき死体があり、傍らには動物のおもちゃが置かれていて…。
-------------------

危険思想を持つ新興宗教を扱っているということで、ダークで重い話なのかと思って読み始めたら、これが全然違っていてサラッと読めた。

仲間との共同生活の様子と登場人物の背景や導師の思想が描かれた第一部はそこそこだったが、連続してテロ事件が起きる第二部はサスペンスフルな展開で楽しめた。

ミステリとしては、なかなか上手いなと思う部分は比較的あっさりと扱われていた反面、密室、見立て、真犯人という目立つ部分の謎解きがあっけなく、全体的に物足りなさを感じた。密室なんて、図解と見取り図まで載っているのに!

事件の真相を聞かされた登場人物がひどくショックを受けているような表現があるのだが、それが伝わってこなかったのが残念。真相は酷い話であるし、結末もやりきれないものになっているのに、インパクトは感じなかった。全体的に淡々と語られているせいなのかな。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

『夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)』麻耶雄嵩

4062638916夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)
麻耶 雄嵩 (著)
講談社文庫 (1998/08) ・初出(1993/08)

-----[ あらすじ ]-----
雑誌の編集部で働いている如月鳥有(うゆう)はアルバイトの桐璃(とうり)と共に取材のため和音島を訪れた。20年前、真宮和音という女優の魅力に憑かれた6人の若者が1年間この島で共同生活を送っていたのだが、その同窓会が開かれるというのだ。島には歪んだ洋館「和音館」が建ち、館の主人・水鏡と使用人の真鍋夫妻が住んでいた。8月だというのに雪が積もった日、水鏡の首なし死体がテラスで発見される。しかし雪の上に足跡はなく…。
-------------------

最後のページを読み、呆然とした。

唐突に登場した銘探偵・メルカトル鮎の一言で、今まで見えていた世界が見事に崩壊する。
このカタストロフィーたるや!
凄い、凄すぎる…。

もう頭の中はぐるんぐるん状態。
探偵が登場したにもかかわらず、謎を解くどころか、ますます読者を混乱の渦にたたき込む。
たった一言で物語の全く違う側面を見せてしまうなんて!
さすが銘探偵メルカトルだ。いや、さすが麻耶様だ!と言うべきか。

いくつかの謎は謎のまま残される。
作品中で解明される謎よりも、解かれなかった謎のほうがよっぽど真相が気になる。
非常にもやもやする訳だが、謎を解く手がかりは随所に残されている。それを基に自分なりの真相を考察するのもいいし、謎は謎のまま受け入れてしまってもいいように思う。

いろいろな意味で凄い作品だが、独特の世界観があるので、好き嫌いははっきりと分かれるだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

ぶり大根

buridaikon新鮮で美味しそうなぶりのアラを見つけた日は、これ。
ぶり大根。

下ごしらえが少し面倒ですが、美味しくいただくために手を抜かずに頑張ります。
ここだけしっかりやっておけば、後は煮るだけですから。

旬のぶりも、ぶりの旨みがしみ込んだ大根も、美味しい~。
冬の味ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

『予知夢』東野圭吾


4167110083
予知夢
東野 圭吾 (著)
文藝春秋 (2003/08、初出2000/06)

-----[ あらすじ ]-----
警視庁捜査一課の草薙俊介が持ち込んだ不可思議な事件を、探偵ガリレオこと帝都大学理工学部物理学科助教授の湯川学が科学者の視点から論理的に解決していく連作ミステリ。

収録作品
 ・夢想る(ゆめみる)
 ・霊視る(みえる)
 ・騒霊ぐ(さわぐ)
 ・絞殺る(しめる)
 ・予知る(しる)
-------------------

「探偵ガリレオ」シリーズの第2作目。

予知夢、霊、ポルターガイスト、火の玉など、事件とは直接関係がなさそうに見えるオカルトめいた出来事を科学的に解明することで意外な真相が明らかになるのだが、どの作品もトリックに驚かされただけでなく、物語としてもよく出来ているのには感心した。

こういうトリックが主体の短編の場合、物語的には無味乾燥というか、クイズの問いと答えのような作品になってしまっていたり、明らかに登場人物の行動が不自然だったりして、「このトリックを使いたかったのは分かるんだけどねぇ…」と思うことがたびたびある。謎解きを楽しむという意味ではいいのだろうけど、読んでいてゲンナリすることも。

しかし、さすがは東野圭吾!
事件の背景となる物語がよく考えられているので、犯人の心理状態や犯行の動機も十分に納得できるものとなっている。読了後は、作品ごとに違った余韻が残る。
謎の解明部分には、冷静に考えると「んんん?」と思う部分もあるのだが、読んでいる最中は違和感がないし、不思議と説得力もある。この辺も著者の筆力なんだろうな。

その反面、肝心の探偵役である湯川の魅力がほとんど伝わってこないのが残念。シリーズものの場合、探偵の魅力って大切だと思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

バレンタインはカレーで

valencurryHappy Valentine ♪

うちの男性陣は甘いのもが得意ではないので、バレンタインデーはいつもこれ。
ハートが飛んでるカレーライスです。
ハートはニンジンとチーズ。
飾り用のハート型ニンジンは、別ゆでにして盛り付けのときにトッピングするのがポイントです。
カレーに入れて煮込んでしまうと、せっかくのハート型が目立たなくなっちゃうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

トリノオリンピック

いよいよ始まりましたね、トリノオリンピック。
夏に比べ、冬のオリンピックの盛り上がりはイマイチっぽい感じもしますが、札幌出身であり、札幌オリンピックをリアルタイムで体験している私は、冬のオリンピックが大好きで、連日目が離せません。
時差のせいで、一番盛り上がる時間が午前3時とかになってしまうのが非常にキツイところではありますが。

とはいえ、札幌オリンピックのときはチビッコだったのであまり記憶に残ってないのですが、近くの国道を聖火ランナーが走るということで日の丸を振って声援をおくったことや、ジャンプで日本が金銀銅を独占したことは覚えています。
後にオリンピックのときに造られたスケートリンクでフィギュアスケートを習ったこともあるのです。

今のところ日本勢の活躍は残念な結果になっていますが、今後に期待したいです!
悔いが残らないように全てを出し切れ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

チョコチップ・クランチ・クッキー

cornfcksお菓子ミステリー・シリーズの第一弾『チョコチップ・クッキーは見ていた』に登場するクッキーが美味しそうだったので、この本に載っていたレシピを参考にして焼いてみました。
作ったのは「チョコチップ・クランチ・クッキー」。
チョコチップとコーンフレーク入りのクッキーです。

レシピの分量通りだと大量に出来てしまうので、全て半量にし、砂糖がやや多く感じたので一割ほど少なめにしてみました。バニラエッセンスはレシピに書いてあるように小さじ単位で入れたことがなく、ちょっと怖かったので、いつものように数滴にしておきました。
これで直径7cmほどのクッキー約30個分でした。

チョコチップの甘さとコーンフレークの香ばしさがマッチしていてますね~。
重曹のおかげで軽い焼き上がりになっているのと、コーンフレークのサクサクした食感とで、いくらでも食べられます。

このクッキーは、クリスピー感を出すためにしっかり焼いたほうがいいと思います。

美味しいクッキーでした。

(本の感想はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

『ある閉ざされた雪の山荘で』東野圭吾

4061859099ある閉ざされた雪の山荘で
東野 圭吾 (著)
講談社 (1996/01、初出1992/03)

-----[ あらすじ ]-----
4月、乗鞍高原のペンション「四季」に4人の男性と3人の女性が集まった。彼らはオーディションに合格した役者で、推理劇の稽古をするために呼び寄せられたのだ。しかし、殺人事件の被害者役となった仲間が実際に消えていくと、これは本当に芝居なのか、という疑問がわいて来て…。
-------------------

「雪の山荘もの」という典型的な本格ミステリを思わせる題名にもかかわらず、実はちょっと違うところがポイント。

物語の舞台をなるペンションは、電話も通じるし、4月なので雪だって積もってない。
全く閉ざされていないにもかかわらず、登場人物たちが外部と連絡を取ろうとしない理由がよく考えられている。心理的なクローズドサークルの場合「普通の感覚ではありえない行動じゃないの?」と思うことがままあるが、それが全く無く、登場人物の行動に不自然さは感じなかった。

犯人が用意した仕掛けしには少し無理を感じる部分があったけれど、それよりも、著者が仕組んだトリックが見事だった。読みながら腑に落ちないと感じていた部分が、このトリックが明かされたとたんに「なるほど!」と納得させられる。

今起きていることが芝居なのか現実なのか、揺れる心境や恐怖心もサスペンスフルで引きこまれた。

さすがです!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 7日 (火)

わかめスープ

wakamesoupわかめスープが好きで、よく作ります。
わかめと長ネギさえあればササッと作れるのが嬉しいです。

今回はお豆腐を入れましたが、冷蔵庫の野菜室にちょこっと残ったエノキとかシイタケとか、千切りにしたニンジンとか、わかめにプラスして何か1品加えることが多いです。

体の冷えにはショウガが効くと読んだので、早速、チューブ入りのですが、ショウガを入れてみたら、これがよく合って美味しかったです。
寒い日が続いていますが、温まりました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

『チョコチップ・クッキーは見ていた』ジョアン・フルーク

4789719901チョコチップ・クッキーは見ていた
ジョアン・フルーク (著)
ソニーマガジンズ (2003/02)

-----[ あらすじ ]-----
ハンナは、ミネソタの田舎町レイク・エデンで手作りクッキーのお店「クッキー・ジャー」を営んでいる。ある朝、店の裏で乳製品の配達人・ロンが殺害されているのを発見する。この事件を捜査するのは、ハンナの妹の夫・ビルである。ビルの昇進のために事件の解決に手を貸そうと、ハンナも事件を調べ始める…。
-------------------

お菓子探偵ハンナ・シリーズの第1作目。

お菓子のレシピが載っているとのことで、気になっていた本。

とにかく、本のなかに登場するクッキーがどれも美味しそう。日本ではあまりお目にかからないようなクッキーもあり、興味津々だ。
お菓子作りに興味がある人は、絶対に作ってみたくなるだろうな。登場人物たちが美味しそうにクッキーを食べてる場面を読むと、このクッキー食べてみた~い!って思うもの。

内容は、気楽に楽しく読めるコージー・ミステリ。
ハンナがクッキーを手土産にして町の人に聞きこみをするのだが、機転がきき思いやりのある主人公のハンナには好感が持てる。
謎解きや犯人当てというミステリ的な部分より、ハンナとその家族や町の人々とのやり取りが楽しかった。

さてさて、どのクッキーを作ろうかな~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

野菜の宅配

yasai

1年ほど前から”らでぃっしゅぽーや”の野菜の宅配を利用してます。
以前は食べきれずダメにしてしまう野菜もあったけれど、最近はなんとか食べ切ることができるようになりました。
届いた野菜を見て献立を考えるのも、けっこう楽しいですよ。ゲーム感覚で。
おかげで料理のレパートリーも増えました。
いまだに食べ方が分からない野菜が入っていたりするけれど、ネットで料理方法を調べたりして、それはそれで面白いし。

しかし、どうしても苦手な野菜が存在することも確かです。

私にとって、それは「長いも」。

いろいろ試してはみたのですが、どれも家族には不評で…。
今や新メニューを試す意欲も失せ、真空パックなのをいいことに、冷蔵庫に放置状態。

今日届いた箱を開けると…ガーーーン!!また長いもが入ってる!(涙)
あぁ、出来ることならジャガイモに変えて欲しいよ。
イモ類はジャガイモだけでいいです、って訳にいかないのが辛い…。

そろそろ長いも攻略方法を真剣に考えなくちゃダメだな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

『メルカトルと美袋のための殺人』麻耶雄嵩

4062649519メルカトルと美袋(みなぎ)のための殺人
麻耶 雄嵩 (著)
講談社 (2000/08、初出1997/06)

-----[ あらすじ ]-----
銘探偵・メルカトル鮎と推理作家・美袋三条が事件の真相に迫る短編集。

収録作品
・遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる
・化粧した男の冒険
・小人閒居為不善
・水難
・ノスタルジア
・彷徨える美袋
・シベリア急行西へ
-------------------

ミステリ史上まれに見る邪悪で鬼畜な銘探偵・メルカトル鮎。
うわっ、ひどいヤツだなー!と思いつつ、不愉快にならないどころか、メルカルトのことを気に入ってしまった私って…実は邪悪な人間なのかも?!と、今更ながら自分のダークサイドに気づいたよ。

メルカルトに散々さげすまれ、馬鹿にされ、いじめられるワトソン役の美袋であるが、メルカルトに殺意さえ覚えたにもかかわらず、こりずに一緒に旅行に行ったり、困ったときには相談したりするんだよね~。面白い関係だ。

ミステリ的には、それってありなの?という真相もあるのだが、許せてしまう不思議な魅力があった。

いずれにせよ、読者を選ぶ作品であることは、間違いない。
メルカルトの言動にムカついて我慢できないって人は、多いと思う。
私はその邪悪さっぷりが面白かったんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »